『ボヘミアン・ラプソディ』を観て

2019年のはじまりは、1日・サービスディの映画鑑賞。
『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました♪

…シビれる‼︎‼︎
本気で生きる、とはこういうことだと感じました。

大勢に愛される“よいもの”を生み出すには、チームで一丸となるだけでなく反対意見もぶつけ合うことが必要。

家族だと思える心のつながりが、より大きなパワーを生む。

信じた道を進むことが、後悔しない、自分の人生を歩むということ。

誰かを傷つけると、大切なものを失うこと。

それでも、本気で向き合える“没頭できるもの”をもっている人は、強く進み続けることができること。


2019年がこの映画観賞でスタートできて、とても嬉しかったです。
私も誰かの心に響くものを生み続けたい。
そのために何ができるか、考えて生きていこうと決意できました。

最高ー!

Self Training Cafe

【Nao Kiyota】塾講師/ライター/ダイエットアドバイザー/リンパケアセラピスト